プロフィール

melissa

Author:melissa
I want to be fair



無料カウンター

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/01/31 (Wed) 16:21
I need dental inplants

My alveolar ridge has started so much pain.

In my situation is living a Italy and I am one japanese woman,
Sometimes for italian people it is difficult to understand what I want
to do.
When I go to dentist office, they reccomend me
only augmentin to relief the pain. But in reality, I want to resolve
it, not for relief it.

To find a good docter in the roma
what should i do.
I hope it should have open and absorb the liquid.

Best Regards
http://www.dentalimplant.jp/index.cfm?category=5&SubCat=100&contentID=109
スポンサーサイト

<< Arca ==fondo pensione di Milano | ホーム | タイトルなし >>

コメント

Failure of Welfare-state...

せりか様、お久しぶりでございます。 

実は先週まで日本に三週間ほど一時帰国していたときに、左の歯に痛みがあり、歯医者に行ってきました。 そしたら虫歯が発見されてしまいましたが、無事即座に治療することができました。 

イギリスに住んでいると、歯医者に見てもらうだけでも1ヶ月待たなきゃいけなかったり、遠くの歯医者を紹介されたりと面倒です。 国立機関は無料なのはいいですが、歯医者不足…。 

その点日本は無料ではないけれど、保険が効くので手ごろな値段で即座に治療できます。 医療制度の質はWHOで日本とフランスが数年ほど前まで一位をあらそっていましたしね。 

しかし、最近の日本経済の景気はよろしくなく、アメリカ贔屓の政府は今までの安定した医療保険制度を打ち壊す予定であると、歯医者さんも懸念していましたね。 

アメリカのような、市場委託型であれば、技術の向上はめざましく、支払いさえ行えれば即座に最新鋭の治療をうけることができますが、安全面や膨大な費用が問題です。 

私としては、つい昔までの日本とオーストラリアの医療制度のようにその公営と民営の中庸をいくような、国民保険適応型の民営主体を支持しています。

お久しぶりです。
そちらも戻られたのですね♪

歯科医療について、各国制度がまちまちなんですね。
いろいろ勉強になりました。

仮に上のようなケース、歯茎alveolar ridge神経まで痛みが昇ってしまった状態で歯の治療に1ヶ月待たされてしまうなら、ちょっとわたしには耐えられないかもしれない。非人道的な感じがします。

今はどうか知りませんがデンタルブリッジは
費用も高額で、失敗や予知不可能性から、
医療過誤の裁判対象にされやすいようです。

じぶんも、頭の上までずきーんと痛いような状態なので、定期健診は必要だなぁ、レントゲンくらいはとっておいたほうがいいかなぁと考えさせられました。

おたがい歯は大事にしよう~

鎌倉彫技能士

鎌倉彫技能士とは、神奈川県鎌倉地方に伝わる鎌倉彫の技能を認定する資格 http://hope.wglorenzetti.com/

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。